徳島市東横INNホテル情報

徳島市の東横INNホテルをすぐに予約したい方はこちらをクリック!

じゃらんホテル予約

家族旅行節約術

子供を連れて家族旅行となるとホテル代だけでかなりの費用になりますようね。そこで、旅費を少しでも節約したい方は必見のサービスがあります。

それが「添い寝無料」サービスです。

ただし添い寝の子供には年齢制限があるホテルが多く、一般的に設定しているのは小学校入学前の幼児までだったりします。子供が小さいうちはよかったけど、小学生に上がったとたん大人と同じ料金を払うとなると旅行の出費もばかになりませんよね。

添い寝サービスはホテルにもよりますが、なんと大手チェーンホテルの東横インでは小学生以下の子供であれば、添い寝でベッド数を減らすことで子供の宿泊料金が無料になるのです。

ホテル東横インで添い寝サービスが受けれる条件は次の通りです。

対象年齢小学生以下の子供
添い寝可能人数ベッド1つにつき子供1名まで
朝食添い寝サービス対象の子供の朝食は無料

※添い寝のお子様の宿泊料金は無料ですが、アメニティグッズ、タオル、枕等は付かず、利用の場合は、別途1,000円(税抜)かかります。

無料対象を小学生まで行っているホテルはあまりないので、とにかく旅費を安くした買ったり浮いた分を食事にかけたりなど、工夫して納得のいく家族旅行をしちゃいましょう!

徳島市のホテルの予約・検索はこちらから

じゃらんホテル予約

口コミ

じゃらんの魅力の一つとして口コミがあります。まずは口コミで泊まりたいホテルの店舗情報を確認して、ホテルをイメージしておくとよいです。

東横INNを利用した方の口コミの一部を紹介します!

30代女性 初利用

ありがとうございました。

部屋も そこそこ広く綺麗でした。
朝食も付いており 美味しかったです。
駅から無料送迎バスも遅くまであり、とても助かりました。
ただ、フロントスタッフの説明も丁寧で初利用でも安心して利用できました。

20代女性 観光

東京へライブ・舞台鑑賞のために利用しました。
最寄り駅から少し離れていたのですが、
品川駅から無料の送迎バスが頻繁に出ていたのはありがたかったです。
夜遅くチェックインし、朝少し早めに出発したのですが、楽に移動ができました。
朝食は無料ということもあり利用者はかなり多いです。
お部屋はも一晩過ごすには十分の広さでした。

30代男性 ビジネス利用

一人旅で利用しました。
品川駅から無料シャトルバスもあり、交通の便は非常によいと思います。
部屋も清潔で快適に過ごせました。
無料朝食も概ねよいと思います。
宿泊者数が多いのでサービスはあっさりめ。

30代女性 コスパ最高

小学生の子供と夫婦の三人で泊まりました。
まだ新しいのかきれいなお部屋でベッドも大きめなので添い寝でもゆっくり休めました。
お風呂トイレはよくあるユニットバスですが、不自由なく使用できました。
壁が少し薄いのかな?お隣の音らしきものは聞こえます。
夜のカレーサービス、朝食無料サービスなどありがたいです。
スタッフの方が元気で活気があります。

口コミを見たらわかるのですが、ビジネスホテルは男性が利用しているイメージが多いですが、女性がけっこう利用しています。

なので、ぜんぜん遠慮なく女性も利用できるので活用しましょう!

徳島市のおすすめホテルの予約・検索はこちらから

じゃらんホテル予約

朝食無料サービス

最近ビジネスホテルのチェーン店舗が全国で増えてきており、顧客を得るために朝食無料サービスを提供する店舗が増えてきています。
東横INNもそのホテルのうちの一つです。

東横INNの朝食サービスをここではご紹介します!

おもてなしの味

東横INNは全国に262店舗展開されている大手ビジネスチェーンホテルです。

東横INNは朝食にこだわっていて専任の調理師をやとい、“お母さんのおもてなしの味” “おかわりしたくなるホテル”をコンセプトにお客様に心も体も元気いっぱいでホテルを出発していただきたいという思いのもとおにぎりや地域特産の材料をつかったおかずや味噌汁に、焼き立てのパンなどの健康朝食を無料提供しています。

店舗にもよりますが例えば沖縄のホテルでは、
「沖縄」を感じれるようにゴーヤサラダやもずく、
鹿児島はさつまいもを使ったメニューや富山はあじの干物をつかったぬまづおにぎり、
長崎佐世保では皿うどんや豚の角煮のちらし寿司などが提供されています。

このようなおいしい食べ物がビュッフェ形式で自由に食べれるのは非常に魅力的ですね!
ホテルに泊まるときは東横INNのホテルがおすすめです!

アメニティ

ホテルに泊まるときに荷物を減らしたいので、どのようなアメニティグッズがあるか気になりますよね!

東横インで一般的に用意されているアメニティを一覧にしました。

  • ハンドタオル
  • バスタオル
  • ドライヤー
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • くし・ブラシ
  • バスタオル
  • 髭剃り
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • ナイトガウン
  • シャワーキャップ
  • 加湿器
  • 電気ケトル

内容を見ていただけるとわかりますが、最低限のものになります。

また女性は女性限定のアメニティセットがあり、これが女性に人気となっています。

  • フェィスケアセット
  • 化粧水、乳液、洗顔ソープ、クレンジングミルク、綿棒

  • ヘアケアセット
  • シャンプー、ヘアパック、ヘアバンド、ヘアクリップ、綿棒

  • 癒しセット
  • Q10フェイシャルマスク、シェイプアップジェル、アロマ入り入浴剤、綿棒

以上の中から1つ選択のようなので、人によっては化粧品は持参する必要があるので注意が必要です!

事前に必要な持ち物をチェックして宿泊しましょう!!

ページの先頭へ